【大学選手権】東農大北海道 4強逃すも下級生を積極起用し秋へ布石

敗れた東農大北海道ナイン
敗れた東農大北海道ナイン
初回1死二、三塁、先制の適時内野安打を放つ古間木
初回1死二、三塁、先制の適時内野安打を放つ古間木

◆報知新聞社後援 第70回全日本大学野球選手権記念大会第4日 ▽準々決勝 上武大11―3東農大北海道(10日・神宮)

 2大会連続17度目出場の東農大北海道(北海道学生)は上武大(関甲新学生)に7回コールド負けを喫し、前回開催19年に続く2大会連続4強入りはならなかった。初回に2点を先制するが直後に3失点で逆転を許し、5投手が3被弾を含め10安打11失点と粘れなかった。指名打者を含めたスタメン10人のうち5人が1、2年生の下級生。苦い敗戦ながらも全国での貴重な経験を糧に秋に向かう。

 ラストバッターの力のない飛球が相手遊撃手のグラブに収まると、東農大北海道ナインは肩を落として整列した。初回に2点を先制も、7回コールドでゲームセット。前回開催19年は創部初の4強。今年の初戦(2回戦)天理大戦はタイブレークを制し、勢いに乗りたかったがここで敗退。三垣勝巳監督(41)は「シンプルにまだまだ実力不足。相手に対して全力でぶつかれていない」と厳しい表情で総括した。

 投手陣が踏ん張れなかった。5投手が登板して計10安打11失点。3、4、6回にそれぞれソロ本塁打を許すなど全イニングで失点を重ねた。2枚看板の林虹太=長野・佐久長聖高=、伊藤茉央=福島・喜多方高=の頼みの3年生両右腕も相手打線を止められない。リードした古間木(ふるまき)大登捕手(4年)=遠軽高=は「配球の引き出しやもっと相手を見る力をつけないといけない」と反省した。

 今大会、指揮官は下級生を積極起用した。1番・工藤ジョエル左翼手(1年)=群馬・桐生第一高=は初戦で3安打。この日3番手で登場した右腕・笠間稜世(1年)=旭川実高=は最速145キロをマークしてインパクトを与えた。指揮官は「楽しみな選手なので思い切って1年生をどんどん使った。この経験は生きてくる」と期待を込めた。

 初回は先頭の工藤から10球で先制点を奪うなど持ち前の積極的なスタイルを発揮した。3回2死、古間木が右越えにソロ本塁打を放つなど攻撃は随所で光ったが、守備面で課題が残った。「網走に帰ったら徹底して練習です。自信を持って秋に戻ってきたい」と古間木。神宮での悔しさは神宮で晴らすしかない。(西塚 祐司)

敗れた東農大北海道ナイン
初回1死二、三塁、先制の適時内野安打を放つ古間木
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請