新型コロナ感染の旧N国党・立花孝志党首が入院、家族からの心配の声に涙も

立花孝志氏
立花孝志氏

 新型コロナウイルスに感染していることを公表した「古い政党から国民を守る党」(旧・NHKから国民を守る党)の党首・立花孝志氏が11日、都内の病院に入院したことを同党が発表した。

 立花氏は、この日午前にYouTubeを配信。「ごはんを食べられないと戦えないじゃないですか。点滴でエネルギー回復しないといけないということで入院することになりました」と咳き込みながら報告した。感染発覚時から、保健所には入院を勧められていたという。

 また、コロナ感染を公表したことにより、娘や元妻、姉などの家族から体調を心配する声が届いたことを明かし、「周りの人が僕のことを心配してくれるのは、そこはうれしいなとすごく感じます」と涙を拭い、自身の過去を振り返りながら「(自分は)本当に恵まれています」と語った。現在は病室にパソコンを持ち込んでおり、今後も状況を見ながら配信は続ける。

 立花氏は先月末以降、微熱などの体調不良があったことから8日に抗原検査を受けたところ、新型コロナの陽性と判明。その後は自宅療養に努めていた。同日の自身のYouTubeチャンネルでは、「まだうかつなことは言えませんが、罹患(りかん)してみて思ったのは、コロナはそれほど恐れる病気ではないのかもしれません」と話し、その後も配信を続けていた。

 9日に入っていったん食欲が回復したが、微熱は続いていた。さらに、10日以降は38度台に熱が上がり、再び咳(せき)や食欲不振の症状が出たことから、入院を決めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請