【大倉山特別・前日情報】先行力魅力のエムオーシャトルが好気配 成田助手「調子は上がってきている」

 今週から夏の北海道シリーズが開幕を迎える。初日となる6月12日の札幌11R・大倉山特別(3歳上2勝クラス、芝1200メートル、16頭立て)に出走するエムオーシャトル(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父マクフィ)は、放牧明け初戦から好気配を漂わせている。レース前日は札幌競馬場で馬場入りして調整を行い、成田助手は「仕上がりは悪くないですね。調子は上がってきている。カイ食いも安定しています」とうなずく。

 地方から移籍初戦だった3走前の黒松賞は、1分8秒9の好時計(中山・芝1200メートル)で逃げ切りV。前が有利な開幕週の芝を利して、持ち前の先行力が生きそうだ。「52キロの斤量も魅力ですし、中山でああいう勝ち方をしているので、小回りコースはぴったりだと思います」と、期待は十分だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請