ポステコグルー監督横浜FM退任 松永英機監督は五輪中断時期まで指揮する見通し

ポステコグルー監督
ポステコグルー監督

 横浜FMは10日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)の退任を発表した。スコットランド1部・セルティックの監督就任をクラブ間で合意したため。10日に正式契約が交わされた。セルティックでの契約期間は1年。今季終了まで契約を結んでいた横浜FMには違約金を含む約1億円の支払いがあったとされる。オーストラリア代表を率いた経験もある同監督は2018年、横浜FMの監督に就任。19年には15年ぶり4度目のリーグ優勝へ導いた。今季もここまでリーグ戦16試合を終えて3位。ホンダFCにPK戦の末敗れた9日の天皇杯が最後の試合となった。

 暫定監督にはアカデミーグループダイレクターを務め、Jエリートリーグで指揮を執る松永英機氏(58)が就く。関係者によると、13日のルヴァン杯・札幌戦(ニッパツ)から五輪中断期間まで指揮する見通し。後任監督についてはパートナーシップ提携を結ぶシティーグループ関連の外国人を軸に、人選を進めていく。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請