馬術80歳法華津寛は「2度目の東京五輪」ならず 選考基準を満たせず

法華津寛
法華津寛

 日本馬術連盟は10日、東京五輪の馬場馬術代表3人を発表し、80歳4か月での五輪史上最高齢出場を目指していた法華津寛(東京都連盟)は選考基準を満たせず、1964年に続く自身2度目の東京大会出場はならなかった。

 法華津は障害飛越の日本代表として64年東京五輪に23歳で出場。馬場馬術に転向後は、2008年北京五輪に日本選手では最長期間となる44年ぶりの五輪出場を67歳で果たし、続く12年ロンドンは日本選手史上最年長の71歳で五輪舞台に立った。

 16年リオ五輪は1920年アントワープ大会射撃銀のオスカー・スバーン(スウェーデン)の72歳10か月を超える74歳での史上最高齢での出場を目指したがパートナーの馬が体調不良のため断念していた。

 初の五輪代表となる佐渡一毅、北原広之(ともに日本中央競馬会)、林伸伍(アイリッシュアラン乗馬学校)ら3選手が決まった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請