【阪神】輝だけじゃない!中野拓夢がV打&2盗塁 交流戦7盗塁でセ・トップタイ12個目

5回、先制の右前適時打を放つ中野拓夢
5回、先制の右前適時打を放つ中野拓夢

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム2―4阪神(10日・札幌ドーム)

 テルだけでなく、虎のドラ6新人の勢いが止まらない。5回2死一、二塁。中野はアーリンの初球を捉える右前の先制適時打。「何とかこのチャンスを生かそうと思って、甘い球を一球で仕留めることができて良かったです」と喜んだ。

 走らせても完璧だ。5回2死一、三塁、7回2死一塁と立て続けに二盗に成功した。「塁に出たら自分の足でかき回そうという気持ちも持って走塁している」。2年連続盗塁王の近本の11を一気に抜き、12盗塁はヤクルト・塩見に並ぶリーグトップタイに躍り出た。さらに交流戦7盗塁は12球団トップ。成功率100%の俊足で“ダブル盗塁王”へまっしぐらだ。

 開幕の3月26日ヤクルト戦(神宮)では途中出塁で中前安打。スタメンで無安打のドラ1の佐藤輝を尻目に、12球団新人最速でHランプをともした。恩師の三菱自動車岡崎・野波尚伸監督(49)から「おめでとう。年寄りの励みになるわ」とお祝いのメッセージ。すぐに「もっと喜ばすのでよろしくお願いします! もっと楽しみ増やします!」と返答した。宣言通りの活躍で、4月29日から30試合連続のスタメン出場。規定打席に「7」不足しているが、打率3割も目前だ。

 チームはセ1人勝ちで今季3度目となる同一カード3連勝。9度目の挑戦で「貯金17の壁」を打ち壊した。2位・巨人とのゲーム差は今季最大の「6」。矢野監督は「新人という感じにも見えなくなってきているし、欠かせない感じになってきている」とたたえた。身長171センチの小兵ルーキーの存在感が日増しに大きくなっている。(森脇 瑠香)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請