【ヤクルト】清水昇がレアードに痛恨被弾…高津監督「反省する部分はあった」

8回を投げ終え、がっくりベンチに戻る清水昇
8回を投げ終え、がっくりベンチに戻る清水昇

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ2―1ヤクルト(10日・ZOZO)

 ヤクルトは勝ちパターンが崩れて、カード負け越しとなった。

 同点の8回に清水をマウンドに送ったが、先頭のレアードに変化球を捉えられて左翼席への一発を被弾。これが決勝点となった。清水は今季3敗目を喫してデビューからの連敗が10に伸び、10連敗以上は8人目という不名誉な記録となってしまった。

 打線は2回に村上がリーグトップの18号ソロを放ったが、3回以降はわずか3安打で追加点を奪えなかった。高津監督は「(清水は)警戒している中でやられているので、反省する部分はあったのかなと思う。本人もそれ(本塁打)だけはダメというのは思いながら投げているとは思うんですけど」と語った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請