【楽天】浅村栄斗 平成生まれ初の1500安打 大阪桐蔭1年先輩の中田翔超え13年目

6回、右前打を放つ浅村栄斗。プロ通算1500安打を達成した
6回、右前打を放つ浅村栄斗。プロ通算1500安打を達成した
1500安打の記念ボードを笑顔で掲げる浅村栄斗
1500安打の記念ボードを笑顔で掲げる浅村栄斗

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天6―2中日(10日・楽天生命パーク)

 らしい右方向への安打がメモリアルな一打となった。地元・仙台の拍手に包まれ、一塁ベース上、浅村はまな弟子の内田から手渡された通算1500安打記念ボードを両手で掲げた。「そーいや、そうだなという感じでした(笑い)。いろいろな指導者に巡り合えて、ここまで来られたので感謝したい」と頭を下げた。

 6回1死一塁。藤嶋からの右前安打でチャンスを広げた。3回の決勝打を含め、この日3安打で達成。平成生まれでは初、大阪桐蔭の1学年先輩である日本ハム・中田よりも先、プロ13年目での到達となった。

 高い次元で悩み、試行錯誤できるからこそ安打を積み重ねられる。3戦連続無安打で迎えた9日の中日戦(楽天生命)。試合前に、渡辺打撃コーチと左足の上げ方を確認しながらスイングを繰り返した。同日、4戦ぶり安打となるタイムリーもチャンスでの凡退に納得がいかない。すると、試合後は室内に直行し居残り練習した。

 そして、この日も同コーチと早出特打を敢行した。「いい時も悪い時もあるけど、一打席でも早く戻さないと迷惑がかかる。自分の間合いを再確認できた」と復調につなげた。東京五輪・侍ジャパン入りも有力で実績十分の30歳だが、慢心することはない。

 チームは3カード連続勝ち越しを決め、1日で交流戦首位タイに再浮上した。石井監督も「アサ(浅村)は、ほっとけばしっかりやってくれる頼もしい選手」と絶大な信頼を置く。

 西武時代の16年から全試合出場中で、大きなけががないことも魅力だ。まだ30歳。2000安打は「そんなに甘くないと思うけど、高い目標へ一本一本コツコツやっていきたい」。達成はもはや数年後の通過点にすぎない―。そう思わせる絶対的な安定感が浅村にはある。

(岸 慎也)

試合詳細
6回、右前打を放つ浅村栄斗。プロ通算1500安打を達成した
1500安打の記念ボードを笑顔で掲げる浅村栄斗
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請