高松邦男元調教師が死去 キョウエイプロミスやホワイトストーンなど管理

高松邦男元調教師
高松邦男元調教師

 日本調教師会関東本部は10日、83年の天皇賞・秋をキョウエイプロミスで制すなどG1級競走を3勝した元調教師の高松邦男さんが4日に亡くなっていたことを発表した。73歳だった。病気療養中だったという。葬儀はすでに近親者のみで執り行われた。

 高松さんは、1972年に元騎手で調教師の父・三太氏の中山白井分場で調教助手としてキャリアをスタート。78年に調教師免許を取得し、翌79年に美浦で厩舎を開業した。81年の桜花賞をブロケードが無傷4連勝で制しクラシック初制覇すると、83年の天皇賞・秋をキョウエイプロミス、86年宝塚記念をパーシャンボーイで勝ち、G1級競走3勝を挙げた。

 また、名脇役としてファンの記憶に残る走りを見せた芦毛のホワイトストーンも手がけた。G2・3勝の実力馬で90年のジャパンCでは日本馬最先着の4着と好走し、暮れの有馬記念では1番人気に支持されたが、このレースが引退レースだった武豊騎乗のオグリキャップが勝ち、ホワイトストーンは3着と涙をのんだ。

 92、93年には優秀調教師賞を獲得するなど、関東では上位の成績を残していたが、04年以降は勝ち星がひとケタ台に低迷し、09年12月31日をもって調教師を勇退した。通算成績は6422戦484勝。うち重賞は21勝。柴田政人、田面木博公、小野次郎などが厩舎所属騎手として活躍した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請