金村義明氏、巨人は中継ぎを休ませられた…坂本勇人が帰ってきたら、流れも変わるはず

原辰徳監督
原辰徳監督

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス6―0巨人(10日・京セラドーム大阪)

 オリックスに敗れた巨人についてスポーツ報知評論家の金村義明氏がプラス材料について言及した。

※  ※  ※  ※

 高橋優貴は立ち上がりから変化球が多かった。本来、素晴らしいクロスファイアを持っている。序盤はもっと真っすぐで押してほしかった。かわそうかわそうというピッチングにみえたが、変化球が多いから追い込んでもオリックスの打者が緩い球を待っている。変化球で泳がせても、かわしきれず拾われていた。

 もっと真っすぐで突っ込んでいれば、変化球を拾われた初回の杉本の左翼線二塁打もサードゴロになっていたはずだ。前日(9日のオリックス先発)の宮城は、真っすぐで突っ込んでファウルを取ったりしながら、変化球で仕留めていた。最高のピッチングでタイミングを外されたことで、右打者には影響が残っていたのではないか。山崎福がよかったこともあるが、強引に巻き込んで失敗していた。

 今年のワーストに近いゲームだったが、プラス材料を探すとすれば中継ぎを休ませられたこと。次のカードが終われば、日程が4日間空く。中継ぎ陣は切り替えて、交流戦残り3試合を何とか踏ん張ってほしい。坂本勇人が帰ってきたら、流れも変わるはず。ここでズルズルいくと、いよいよ間に合わなくなってしまう。(スポーツ報知評論家)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請