JOC山下会長「奥さんも娘さんも自殺だと思っていない」 経理部長死亡

JOC・山下会長
JOC・山下会長

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が10日、都内で行われた理事会後に取材に応じ、経理部長の電車死亡事故に関する週刊文春の報道に対し、「事実と異なる」と語り、抗議文を出すことを明かした。

 経理部長は7日午前、都営地下鉄浅草線中延駅で電車にはねられ、死亡した。線路に飛び込んだとみられ、警視庁が自殺とみて調べている。週刊文春はJOC幹部が同日夕方に職員を集めて「この件については外部に漏らさないように」と指示したと報道。

 山下会長は「事前に文春から問い合わせがあって、広報から『全然話が違う』と連絡があった」といい「ご遺族への配慮を最優先にしてあたっていこうと。マスコミへの対応は一元化したいから、そこはみんなも理解して欲しいとと言ったのが、文春では全然違った形で(掲載された)」と怒りを口にした。

 経理部長と親しかった職員が、遺族と連絡を取り合っている。「奥さんも娘さんも自殺だと思っていない。警察の判断に対しては不満を持っていると。飛び込んだとほとんどの記事がなっているが、私たちが聞いた話は違う。頭が当たったと。飛び込んでいない」と説明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請