【阪神】サンズが来日初の一塁起用で好守連発 球際の強さ発揮

6回1死一、二塁、西川の一直で飛び出した浅間(左)に素早くタッチして併殺にするサンズ
6回1死一、二塁、西川の一直で飛び出した浅間(左)に素早くタッチして併殺にするサンズ

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―阪神(10日・札幌ドーム)

 阪神のジェリー・サンズ外野手が来日初の一塁守備に就き、美技を連発した。

 これまで左翼、右翼でしか出場機会がなかったが、この日は「6番・一塁」でスタメン。5回2死から野村のライナーをジャンピングキャッチすると、6回のピンチでも見せ場が訪れた。先発・アルカンタラが四球とヒットで1死一、二塁を招いたが、ここで西川の痛烈なライナーをきっちり捕球。さらに一塁走者の浅間にダイビングしながらタッチし、併殺に仕留めた。

 日本ハム・栗山監督がリプレー検証を要求する際どいタイミングだったが、結果はアウトでチェンジ。わずか1点リードの中、貴重なプレーとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請