【ソフトバンク】松田宣浩が三塁で1775試合出場のパ・リーグ記録達成 プロ野球歴代4位

三塁手としてパ・リーグ最多の1775試合出場を果たし、記念のボードを掲げる松田宣浩 
三塁手としてパ・リーグ最多の1775試合出場を果たし、記念のボードを掲げる松田宣浩 

◆セ・パ交流戦 ソフトバンク―広島(10日・福岡ペイペイドーム)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が、三塁で1775試合に出場し、パ・リーグ記録を達成した。広島戦に「9番・三塁」でスタメン出場し、有藤道世(ロッテ)の記録を更新。5回終了時に記念ボードを受け取り、高々と掲げた。

 プロ野球の三塁出場記録は長嶋茂雄(巨人)=報知新聞社客員=の2172試合がトップで、中村紀洋の1971試合、村田修一の1802試合に次ぐ歴代4位となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請