【阪神】中野拓夢が先制適時打、交流戦トップ6盗塁で成功率100%

5回2死一、三塁、二盗を決めた中野拓夢
5回2死一、三塁、二盗を決めた中野拓夢

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―阪神(10日・札幌ドーム)

 阪神のドラフト6位・中野拓夢内野手が先制適時打を放ち、9試合ぶりに打点を挙げた。

 両軍無得点の5回2死一、二塁、アーリンの初球140キロ直球を捉え、二塁手の頭を越える先制適時打。その後、2死一、三塁から交流戦トップとなる6盗塁目を決め、成功率100%(11/11)を誇っている。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請