セルビア代表・ストイコビッチ監督が超絶ボレー再現を宣言「ベンチから狙ってます」

セルビアのストイコビッチ監督
セルビアのストイコビッチ監督

 セルビア代表のストイコビッチ監督が10日、日本代表との国際親善試合(11日・ノエスタ)に向けた前日会見に出席した。

 現役時代に華麗な技術から「ピクシー(妖精)」の愛称で親しまれたストイコビッチ監督は1994年から8年間、名古屋でプレー。01年に現役引退後、08~13年に名古屋で監督を務めた後、今年2月に母国の代表監督に就任した。

 オンラインでの会見に登場した指揮官は「久しぶりに日本に来ることができて大変気分がいい」と現役当時と変わらぬ笑顔を披露。主力数人が不参加となった一戦に関しては「ベストチームではないが若い選手が力を発揮すればチーム力は落ちないと思う」と言葉に力を込めた。

 日本の警戒するべき選手を聞かれると「ウエダ、タニグチ、ムロヤ、ナガトモ…それで4バックですね?」などとスタメンを予想。報道陣の笑いを誘うと、最後には「明日はベンチからゴールを狙ってますから。期待して下さいね。審判にはレッドカードを出さないように言っておいてください。チャオ」と、09年10月17日の横浜M戦で相手GKからのロングボールをベンチからボレーで打ち返した“スーパーゴール”の再現を予告した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請