【オリックス】杉本裕太郎「気持ちで打った」先制2点二塁打

1回1死満塁、杉本裕太郎がレフトへ先制適時二塁打を放つ
1回1死満塁、杉本裕太郎がレフトへ先制適時二塁打を放つ

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―巨人(10日・京セラドーム大阪)

 オリックスの杉本裕太郎外野手が、先制打を放った。初回1死満塁。カウント2ストライクから、高橋の118キロの変化球を巧みに左翼線へ運んだ。2走者が生還する2点適時二塁打。二塁ベース上からベンチに向けて、右拳でガッツポーズをつくった。杉本は「先制のチャンスでしたし、なんとか気持ちで打ちました。まだ試合も序盤ですし、この後も打てるようにがんばります」とコメントした。

 さらに1死二、三塁からモヤの遊ゴロ間に1点を追加して、3点差とした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請