【巨人記録室】ひとりリーグ5連覇中・優勝請負人・丸佳浩がファームで復活弾 広島時代までさかのぼる2軍アーチはいつ以来? 2軍打撃成績は?

9日の2軍DeNA戦の1回、本塁打を放つ丸佳浩
9日の2軍DeNA戦の1回、本塁打を放つ丸佳浩

 巨人の丸佳浩が調整中の2軍で復活弾を放った。広島時代の2015年からリーグ3連覇を果たし、巨人FA移籍後はリーグ2連覇と、ひとり5連覇中の優勝請負人。移籍後初めて成績不振による2軍調整を続けている。8日のイースタン・DeNA戦(G球場)では適時二塁打、2軍降格後2戦目の9日の同カードではバックスクリーン弾を放つなど復調間近。

 プロ1年目、広島時代の2軍戦初出場は2008年3月25日中日戦(由羽)。適時三塁打を放つなど2打数1安打1打点をマークしている。

 その後の2軍成績は、 

・2008年46試合118打数34安打、打率2割8分8厘(1軍出場なし)

・2009年69試合185打数41安打、打率2割2分2厘(1軍出場なし)

・2010年92試合311打数86安打、打率2割7分7厘(1軍出場14試合)

・2011年 6試合 24打数 5安打、打率2割0分8厘(1軍出場131試合)

・2012年14試合 51打数19安打、打率3割7分3厘(1軍出場106試合)

 広島時代の2軍での本塁打は9本。9本目の本塁打は2012年8月11日中日戦(ナゴヤ)でマークしている。

 今回の9日のイースタン・DeNA戦(G球場)での復活弾は巨人移籍後初めての2軍アーチ。広島時代と合わせて2軍公式戦で通算10本目の本塁打だった。

 1軍では205本塁打(広島147本・巨人58本)を放っている丸の1軍復帰はいつか。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請