史上最多4人の日本人9秒台ホルダーが激突へ…日本選手権に山県亮太、サニブラウンらエントリー

山県亮太
山県亮太

 日本陸連は10日、東京五輪代表選考を兼ねて行われる日本選手権(24日開幕、大阪・ヤンマースタジアム長居)のエントリーを発表した。

 男子100メートルには、今月6日に9秒95の日本記録を樹立した山県亮太(セイコー)、前日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、ともに自己記録9秒98の桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)がエントリー。4人の9秒台スプリンターに加え、自己記録10秒01の多田修平(同)、同10秒03のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らが最大3枠の代表切符を争う激戦が繰り広げられることになった。

 男子100メートル予選は24日午後3時40分、準決勝は同日午後7時32分、決勝は25日午後8時30分から行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請