B1レバンガのSF桜井良太が契約継続「40歳までは現役」

15季目の奮闘を誓った桜井
15季目の奮闘を誓った桜井

 B1レバンガ北海道は9日、札幌市内で21~22年シーズンの契約継続が決まったSF桜井良太(38)とSG/SF牧全(28)の会見を行い、2人は東地区最下位からの巻き返しを誓った。

 宮永雄太・前HC(39)が退任し、後任未定だが、最年長で15季目を迎える桜井は「チームの顔として一体となる雰囲気を作り、外国籍選手任せにせずリバウンド、得点にも絡み、チームの成長に尽くしたい」。今季は56戦出場し平均1・1得点、1・4リバウンドも、外国人選手と激しくマッチアップし、守りで貢献した。19~20年途中まで636戦連続出場した鉄人は「49歳で引退した折茂さん(武彦)には届きませんが、40歳までは現役を続けたい」と決意表明した。

 今季43戦出場で平均1・6得点、0・8リバウンドに終わった牧も「きれいなプレーは捨て、ガムシャラに勝利に貢献したい」とチーム再建へ切り込み隊長を志願した。

(小林聖孝)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請