【注目馬動向】ブラヴァスは札幌記念を視野

ブラヴァス
ブラヴァス

  鳴尾記念で9着に敗れたブラヴァス(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父キングカメハメハ)は、札幌記念・G2(8月22日、札幌)を視野に入れて調整される。友道調教師が10日、「(鳴尾記念は)馬場が影響したのかな? それに、本調子にはひと息だったかもしれません。いったん北海道に帰して、状態次第で札幌記念を視野に入れて調整していきます」と明かした。昨年の下半期は七夕賞2着、新潟記念優勝、チャレンジC2着と安定していただけに、立て直しが待たれる。

 同厩舎で東京スポーツ杯2歳S3着など堅実さが光るジュンブルースカイ(牡3歳、父ドゥラメンテ)は、岩田望来騎手との初コンビでラジオNIKKEI賞(7月4日、福島)へ。昨年のクイーンSの覇者レッドアネモス(牝5歳、父ヴィクトワールピサ)は、芝に戻して巴賞(7月4日、函館)で復帰予定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請