乙武洋匡氏、個人情報理由に小中学生に配布のタブレット使用中止に「個人所有のタブレットならともかく…」

 作家の乙武洋匡氏が10日、自身のツイッターを更新。名古屋市が小中学生に1台ずつの配備を進めているタブレットについて、操作履歴が記録され、個人情報保護の問題があるとして、当面の間、使用を中止する方針を固めたことについて、私見を述べた。

 この日、名古屋市が小中学生に配布を進めているタブレットでは児童や生徒がいつどんな操作をしたか、全てセンターサーバーに記録されるため、9日、市議会の委員会に出席した議員から「児童や生徒に目的を明らかにしないまま操作履歴が記録されるため、市の個人情報保護条例に違反する」と指摘。指摘を受け市教委は小中学校に対して当面の間タブレットの使用を中止するよう通知する方針を固めたという記事を貼り付けた乙武氏。

 「個人所有のタブレットならともかく、市が学習のために配布したタブレットの操作履歴も『個人情報』に当たるのだろうか」と疑問を呈した上で「むしろ操作履歴から学習のつまずきなど把握できそう」と続けていた。

乙武洋匡氏
すべての写真を見る 1枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請