坂上忍、党首討論に「総理の口から具体的な説明もなかった…残念な気持ちでいっぱい」

フジテレビ
フジテレビ

 10日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)で、国会で約2年ぶりに行われた党首討論を特集した。

 菅義偉首相は、新型コロナウイルスのワクチン接種について「今年の10月から11月にかけて、必要な国民については全てを終えることを実現したい」と表明した。また、五輪開催に関し「国民の命と安全を守るのが私の責務だ。守れなくなったら開かないのは当然だ」と説明した。

 一方で立憲民主党の枝野幸男代表との討論で、枝野氏から「開催を契機とした国内の感染拡大」のリスクを負いながら開催の前提とする「国民の命と健康を守ること」の意味を問われた場面で、1964年の東京五輪の女子バレーの東洋の魔女、柔道のアントン・ヘーシンクらを見た思い出話を披露するなど議論がかみ合わなかった。

 MCの坂上忍は、党首討論に「そもそも45分じゃ短すぎるというのと」とした上で「予想通りなんですけど、短いうえに会話もかみ合ってなければ、総理の口から具体的な説明もなかったという点では、予想通りといいながら、残念な気持ちで僕はいっぱいでした」とコメントしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請