田崎史郎氏、党首討論で菅首相の思い出話は「効果的だった」

田崎史郞氏
田崎史郞氏

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が10日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

 番組では、国会で約2年ぶりに行われた党首討論を報じた。

 菅義偉首相は、新型コロナウイルスのワクチン接種について「今年の10月から11月にかけて、必要な国民については全てを終えることを実現したい」と表明した。また、五輪開催に関し「国民の命と安全を守るのが私の責務だ。守れなくなったら開かないのは当然だ」と説明した。

 一方で立憲民主党の枝野幸男代表との討論で、枝野氏から「開催を契機とした国内の感染拡大」のリスクがある中で開催の前提とする「国民の命と健康を守ること」の意味を問われた場面で、1964年の東京五輪の女子バレーの東洋の魔女、柔道のアントン・ヘーシンクらを見た思い出話を披露するなど議論がかみ合わなかった。

 司会の羽鳥慎一アナウンサーは「思い出話、長いなと思いました」と指摘すると、田崎氏は「長いなと思ったんですけど、これをどう評価するかって、菅政権をどう思っているかっていうことと絡んでくる」とコメントしていた。

 さらに「立場によっていろんな見方あるでしょうけど、僕は(菅首相と)ほぼ同じ世代なんです。1人1人の名前挙げられると情景が浮かぶんです。そういう意味で僕は効果的だったんじゃなかったかと思います」と解説していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請