【日本ハム】拙守響いて今季3度目2桁失点 連敗で借金12に逆戻り

栗山英樹監督
栗山英樹監督

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム3ー10阪神(9日・札幌ドーム)

 日本ハムは阪神に3―10で連敗した。要所での守備のミスから流れを失い、今季3度目の2桁失点となる10失点。借金は今季ワーストタイの12に逆戻りした。

 2つのエラーがいずれも、適時失策だった。1点リードの2回。無死二塁から佐藤輝は右飛。二塁走者はタッチアップの構えだけだったが、右翼・近藤の三塁への送球が大暴投。三塁カメラマン席へ送球入ったことで、二塁走者の生還が認められ同点に追いつかれた。

 さらに5回1死一、三塁からもミスが出た。郡が併殺コースの三ゴロを二塁へ悪送球し失点した。ピンチは広がり、2イニング連続の4失点。5回までに9点を失い、試合の大勢は決まってしまった。

 8日の阪神戦で、主砲の中田翔が急性腰痛、五十幡亮汰が左ハムストリングス肉離れ(1度)を発症し離脱。どちらも試合復帰まで3週間の診断を受けた。最下位から巻き返しのために必要なピースを欠いたチームは、覇気なく連敗した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請