【エプソムC】ザダル、8か月ぶりでも好調アピール 石橋「仕上がってきている」

ザダル(右)は長期休養明けを感じさせない活発な動き
ザダル(右)は長期休養明けを感じさせない活発な動き

◆エプソムC追い切り(9日、美浦トレセン)

 重賞初制覇を狙うザダルが美浦・Wコースで好調をアピールした。2週連続で石橋が騎乗。ソーヴァリアント(3歳1勝クラス)を2馬身追走から4角で進路を内へ。軽快なリズムで脚を運ぶと、ゴール前の仕掛けで併入に持ち込んだ。「先週は残り3ハロンからペースアップしていい感じだった。今週は軽くですが、しっかり馬も仕上がってきている」と鞍上も手応えを感じ取った。

 3歳時にはダービートライアルのプリンシパルSを制覇。重賞こそ勝っていないが、府中は《1》〈3〉〈5〉着と崩れていない。前走の毎日王冠(5着)から8か月ぶりでも入念な乗り込み量で態勢を整えてきた。「間隔は空いたけど、何とかいい形で出走できそう。今は脚元の不安がないのでしっかりやれている」と大竹調教師。素質馬が待望の重賞初タイトルをつかむ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請