【ロッテ】押した?押してない?微妙なタッチプレーに井口監督がリクエスト要求

7回1死一塁、中村奨吾の中前安打で一塁走者・マーティンが三塁オーバーランでタッチアウト
7回1死一塁、中村奨吾の中前安打で一塁走者・マーティンが三塁オーバーランでタッチアウト

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ―ヤクルト(9日・ZOZO)

 ロッテ・井口監督が、終盤の好機での微妙な判定を巡ってリクエストを要求する場面があった。

 1点差に迫った直後の7回1死一塁で、3番・中村奨が中前安打を放つと、一塁走者・マーティンが三塁を狙って激走。微妙なタイミングとなったが、三塁手・村上のタッチをかいくぐってベースに触れ、塁審は一度はセーフのジェスチャーをした。しかし直後に村上が、三塁ベースに触れていたマーティンの右手付近にタッチしたところ、塁審は右手がベースから離れたと判断して判定はアウトになった。

 これに対して、マーティンはベースに触れていた右手が、村上のタッチによって押されたために離れたと抗議。井口監督もリクエストを要求し、数分間リプレー映像の確認が行われたが判定は覆らなかった。試合は2死二塁で再開されたが、マーティンは最後まで不服そうな表情を浮かべたままベンチへと下がった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請