サッカー・ミャンマー代表スタッフが死亡…大阪のホテルで

 日本サッカー協会は9日、W杯アジア2次予選で日本に滞在中のミャンマー代表の用具担当ピェ・ソネ・ナイン氏(29)が、大阪府内のホテルで死亡したことを発表した。8日深夜までチームスタッフと会話していたことが確認されているが、9日朝にコロナ検査に姿を見せず、午前9時10分ごろに部屋で倒れているところを発見されたという。8日の検査で新型コロナウイルスの陰性は確認されている。事件性はないとみられている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請