【巨人】サンチェスは今季最多124球で7回途中3失点 今季6試合目のQS達成

サンチェス
サンチェス

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―巨人(9日・京セラD)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手が粘投した。

 初回1死で宗に先制ソロを許すと、1点ビハインドの4回2死二塁で伏見にタイムリーを浴び追加点を許した。だが、2点ビハインドの6回1死満塁のピンチは無失点で切り抜け、1点ビハインドの7回2死一、三塁の場面で降板した。6回2/3を今季最多の124球を投げ、9安打3四球3奪三振。2番手の高梨が代打・ジョーンズに適時打を浴びたため、失点は3となった。

 今季6試合目のクオリティースタート(QS=6回以上自責3以下)を達成した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請