【阪神】中野拓夢、近本以来球団新人2年ぶりの10盗塁到達 “交流戦盗塁王”見えた

5回1死一塁、二盗を決めた中野拓夢
5回1死一塁、二盗を決めた中野拓夢

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―阪神(9日・札幌ドーム)

 阪神・中野拓夢内野手が5回に二盗を決め、球団新人では2019年の近本光司以来となる10盗塁に到達した。

 5点リードの5回。1死から中前打で出塁すると、続くマルテの4球目にスタート。2盗塁の前日に続き、2試合連続の盗塁でチャンスを広げると、相手の失策の間に6点目の生還。4回には先頭でプロ2本目の三塁打を放ち、勝ち越しのホームを踏んでいる。

 交流戦4盗塁は広島・宇草とロッテ・和田に並びトップ。中野の“交流戦盗塁王”も見えてきた。さらにリーグの盗塁王争いでも近本、ヤクルト・塩見に1差と迫った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請