堀ちえみ、消化器内科受診を報告…「見た目に痩せると良くない」無理して食べていたと明かす

スポーツ報知
堀ちえみ

 2019年2月に口腔(こうくう)がん(舌がん)、4月に食道がんの手術を受けた堀ちえみが7日、自身のブログを更新。消化器内科を受診したことを報告した。

 堀は、不織布マスクの上にピンクのレース素材の飾りの付いたマスクを重ねづけし、車に乗っている姿を掲載し「では大学病院に行ってきますね!今日は消化器内科の受診です」と病院受診を報告。そして、「食道がんのその後は、今のところ順調ですが、少しだけ消化不良気味だと、内視鏡の検査で分かったので、前回お薬をいただいての、その後の経過の診察。痛みがあるわけでもなく、よく食べるし至って健康ですが、検査をして消化不良気味だということは、やはり改善しなくてはいけないですね(笑)やっぱり、食べ過ぎかもね(笑)」とつづった。

 同日、受診後にもブログを更新。「消化器内科の診察、終わりました。がんになってから、あんなに大きな手術をしたこともあり、とにかく体重を増やすことばかり考えて、見た目に痩せると良くないと…そればかりが頭にあり、『食べないと!』とずっと思ってきましたが、先生が今日仰って下さったひとこと。『食べたくなければちょっとぐらい軽めでも大丈夫ですよ』『あまり食べなきゃと思うと辛いでしょうから』と仰っていただき、なんだかホッとしました。お薬は漢方に変えて」と、体重を増やすために多くの量を食べていたことを明かした。

 そして、「診察はまた一か月後。『胃はもともときれいなので心配はしてませんが』という一言にもホッとしました。舌がんの術後、よく噛んで飲み込むことも、以前より困難なので、そこに無理して食べていると、消化も追いつかないわけですね。あとコロナ禍で運動不足も、多少はあるのかも知れませんけど…ゆっくりのんびりと行こう(笑)」と前を向いた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請