義足で再デビューした谷津嘉章が、高木三四郎、納谷幸男、力、なべやかんのKO‐D8人タッグ王座に挑戦

記者会見し8人タッグ王座をかけて戦うことになった谷津嘉章(左)と高木三四郎
記者会見し8人タッグ王座をかけて戦うことになった谷津嘉章(左)と高木三四郎

 「CyberFight Festival 2021」(6日・さいたまスーパーアリーナ)で義足レスラーとして再デビューした谷津嘉章が8日、東京・神田明神内でサイバーファイトの高木三四郎社長とともに記者会見を開き、義足2戦目は、7月4日の東京・後楽園ホール大会でKO‐D8人タッグ王座に挑むことを発表した。

 2年ぶりの復帰戦を終えた谷津は「筋肉痛、打撲になって。練習とは違って、実戦でかなりこたえましたけど、デビューできたことを御礼申し上げます。こんな機会を与えていただいた高木社長、ありがとうございました」と頭を下げた。

 高木は「復帰をお祝い、敬意を表して、僕、チャンピオンベルトを持ってるんです。KO‐D8人タッグのベルトです」と納谷幸男(元横綱・大鵬の孫)、力(力道山の孫)、なべやかん(なべおさみの息子)とのチーム・サラブレッドが保持する王座を示し「チャンピオン権限で、あと3人探していただいて、タイトル戦をお受けします」と指名した。

 次回防衛戦は7月4日の東京・後楽園ホールが予定されている。谷津は「突然で、どんなメンツか思い浮かばないんですけど。オリンピアンチームもいい。オリンピック選手でなくても、レスリング出身なら集めるのはむずかしくない。“谷津のためにやるよ”という人がいれば」と快諾した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請