宮沢りえの“娘”近藤華 「三井のリハウス」でCMで共演で一躍脚光「かわいい」「最強」

宮沢りえの娘役に抜てきされた近藤華。「緊張してもいいことはない」と、しっかりした一面を持つ
宮沢りえの娘役に抜てきされた近藤華。「緊張してもいいことはない」と、しっかりした一面を持つ

 女優・宮沢りえ(48)が34年ぶりに出演し、4日からオンエアされている「三井のリハウス」の新CMで、宮沢の娘役を務める女優・近藤華(13)が「かわいい」「最強」と注目の的になっている。

 宮沢は87年放送の同社CMで転校生・白鳥麗子役を演じ、一躍脚光を浴びた。まだあどけなさが残る表情で、宮沢に「ねえ、リハウスって何?」と聞く新CMでの近藤の姿は、当時14歳で「原石」だった頃の宮沢をほうふつさせる。

 オーディションで大役を勝ち取った。宮沢の印象を「テレビで見て、きれいな人だなと思っていたので、一緒にやれるんだ、と」。4月にデビューし、今回が2作目のCMとなる。公共の場での撮影は初めてで、通行人の視線に緊張したが、宮沢と学校や部活の話をしたことで気持ちもほぐれ、伸び伸びと演技。「自分の経験として、いいものになりました」と笑顔で振り返った。

 映像ディレクターの父親の影響で、映像制作や絵を描くことが得意な職人肌な一面を持つ。憧れはSNS上でも「そっくり」と言われている女優・杏(35)。「杏さんはいろんな活動をやっていて、私も女優はもちろん舞台や趣味を極めたいです」と目を輝かせた。

 ◆近藤 華(こんどう・はな)2007年8月6日、東京都生まれ。13歳。4月に芸能事務所・トップコート入りし、同月日本マクドナルドのCMでデビュー。趣味の映像制作を生かし、インスタグラムでは自ら手掛けた映像や絵を発信中。好きなアニメは「アドベンチャー・タイム」。漫画は手塚治虫作品や「宇宙兄弟」など。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請