【大学選手権】広島経大は打線奮わず1点差負け 山根良太が唯一の打点も「もっと打てるチームに」

広島経大の先発・石本涼人 
広島経大の先発・石本涼人 

◆報知新聞社後援 第70回全日本大学野球選手権記念大会第2日▽1回戦 福岡大2―1広島経大(8日・ 東京D)

 広島経大(広島六大学)は打線が4安打10三振と奮わず、初戦で敗退した。得点は7回の山根良太右翼手(3年=開星)の適時打のみに終わった。

 福岡大(九州六大学)のエース・村上幸人(3年=九産大九州)を打ち崩せなかった。テンポの良い投球に苦しみ、5回まで走者を出せず。7回2死から白金浩樹遊撃手(4年=呉港)が二塁打で、この試合初めて得点圏の走者に。続く山根が「2打席凡退していて、全く捉えられていなかった。チャンスで回ってきたからには、絶対かえしてやろう」と甘く入ったスライダーを逃さず、中前適時打を放った。だが、その後は無得点。村上に完投勝利を許した。

 山根は春季リーグの広島国際学院大戦(5月3日)では3打席連続本塁打を放つなど活躍したが、全国の舞台で「まだまだ自分のレベルでは通用しない」と痛感。「もっと打てるチームにならないと全国では厳しい」と、打力の強化を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請