笹生優花「もっともっと、これからも頑張る」東京五輪はフィリピン代表として畑岡奈紗と再び激突へ

スポーツ報知
メジャー初優勝を果たし、笑顔でトロフィーを掲げる笹生優花(ロイター)

◆米女子プロゴルフツアー メジャー第2戦 全米女子オープン最終日(6日、米カリフォルニア州オリンピックC=6362ヤード、パー71)

 1打差2位で出た笹生優花(19)=ICTSI=が3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73で回り、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(22)=アビームコンサルティング=とのプレーオフ(PO)を3ホール目で制し、逆転で初優勝した。1977年全米女子プロの樋口久子、2019年AIG全英女子オープンの渋野日向子に次ぐ日本女子3人目のメジャー制覇。19歳351日で大会最年少優勝記録を2日更新。米ツアー出場資格を獲得し、参戦も発表された。

 世界最高峰の戦いで笹生が歴史の扉をこじ開けた。畑岡と史上初日本勢同士で行われたPO3ホール目。3メートルのバーディーパットがカップに沈むとガッツポーズをつくった。「信じられない。夢は世界一になることと全米女子オープンで勝つことだった。本当に今週できるなんて」と流ちょうな英語で喜んだ。「家族にありがとうと伝えたい」。大きな瞳から涙があふれた。

 2位で出た前半は苦しんだ。「すごく緊張した。3日間と同じことができず、自分を探していた」。2、3番と連続ダブルボギーをたたいた。キャディーに「まだホールはたくさん残っている」と励まされた。5番では首位と6打差に開いたが、7番のバーディーで持ち直した。トンプソンが乱れた終盤16、17番のパー5で連続で伸ばし首位に並んだ。「おなかが痛くなった」ほどの重圧の中、タフな設定でアンダーパーが5人の激戦を制した。

 4日間のフェアウェーキープ率は59%で43位と低調だが、平均飛距離251・3ヤード(24位)と距離を稼いだ。たとえラフからでも短いクラブのショットでパーオン率は8位の65%。パット数113(8位)と好調で、グリーンを外しても小技でしのいだ。

 日本とフィリピンの国籍を持つ。日本勢3人目のメジャー女王で、フィリピンでは初。「フィリピン、日本からの声援に感謝している」。19歳351日は08年朴仁妃(韓国)の同353日を2日更新する大会最年少Vだ。男女通じて21世紀生まれ初のメジャー覇者になった。プロ1年目の昨年、日本ツアー2勝と活躍し、急成長した。米ツアーへのメンバー登録を行い、5年の出場資格も獲得。念願だった米ツアーに主戦場を移すことになった。

 7日に発表された世界ランクは40位から一気に9位に浮上した。東京五輪はフィリピン代表で戦い、選出は確実で全競技通じて同国初の金メダルも現実味を帯びる。「五輪といえば水泳のマイケル・フェルプス(米国)と陸上のウサイン・ボルト(ジャマイカ)。出られたらうれしい」と話していた。将来的には日本国籍選択を視野に入れている。

 次のメジャー、全米女子プロ(24日開幕、ジョージア州)は一転、追われる立場となる。「もっともっと、これからも(活躍を)続けていけるように頑張る」と笹生。誰もが憧れる舞台で頂点をつかんだ19歳の夢は終わらない。

賞金は女子のメジャーで最高額の1億1000万円

〇…今大会の優勝賞金は女子のメジャーで最高額の100万ドル(約1億1000万円)。笹生は昨年から日本ツアーで稼いだ約9800万円を超える賞金を1大会で獲得した。2位の畑岡は59万4000ドル(約6500万円)を受け取った。男子のメジャーはさらに高く、松山英樹がマスターズ制覇で手にしたのは207万ドル(約2億2800万円)だった。

女子のメジャーで最も古い全米女子オープン、19歳351日での制覇は年少記録2日更新

 全米女子オープンは現在行われている女子ゴルフのメジャーの中で最も古く、第1回は1946年にマッチプレーで実施された。53年から米国協会主催となり、今年は第76回。全米ゴルフ協会主催では、女子最古のメジャー大会で、今大会の賞金総額550万ドル(約6億500万円)、優勝100万ドル(約1億1000万円)と女子では最高額。

 大会を主催する米国ゴルフ協会は笹生が19歳11か月17日で、2008年の朴仁妃と並ぶ最年少優勝としている。ただ、うるう年などの関係で、数え方によっては笹生が単独での最年少となる。笹生は19歳351日、生まれてから7291日、朴仁妃は19歳353日、7292日での全米女子オープン制覇だった。

◆笹生 優花(さそう ゆうか)

 ▼生まれとサイズ 2001年6月20日、フィリピン生まれ。19歳。166センチ、63キロ。

 ▼ゴルフ歴 5歳から4年間は日本に滞在し、8歳の時、フィリピンでゴルフを始める。18年アジア大会で個人&団体金メダル。19年オーガスタ女子アマ3位。東京・代々木高在学時の同年秋に日本のプロテストに合格。米ジョージア大に進学が決まっていたが、プロに転向。昨年8月のNEC軽井沢72で日本ツアー初優勝し、次戦で2連勝。

 ▼二重国籍 日本人の父・正和さん(63)と、フィリピン人の母・フリッツィさん(43)との間に生まれ、二重国籍を保有。きょうだいは妹1人、弟3人。

 ▼語学堪能 日本語、英語、タガログ語が堪能で韓国語、タイ語も少し話せる。

 ▼好きなもの 食べものはカレー。趣味はキャッチボール、釣り。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×