【大学選手権】福井工大が5大会連続初戦突破、4番・長峯が今大会初の満塁本塁打

2回2死満塁、右越えに満塁本塁打を放つ福井工大・長峯樹生
2回2死満塁、右越えに満塁本塁打を放つ福井工大・長峯樹生

◆報知新聞社後援 第70回全日本大学野球選手権記念大会第1日▽1回戦 福井工大11―3北海学園大(7日・東京ドーム)

 出場27チームで最多となる10大会連続43度目出場の福井工大(北陸大学)が11―3の7回コールドで北海学園大を下し、5大会連続で初戦突破を果たした。2回は4番指名打者・長峯樹生(4年=豊橋中央高)の満塁本塁打などで一挙8得点を奪った。

 主砲の一発で白星をグッと引き寄せた。4―2の2回2死満塁。4番・長峯が高めのボールをライトスタンドまで運び、満塁本塁打。二塁を回り、仲間がいるベンチに向かって右拳を突き上げた長峯は「手応えは本塁打と思わなかったので外野を越えてくれと思った。(人生初満弾に)気持ち良かった」と振り返った。

 今春に広島、阪神で活躍し、昨年まで社会人野球・三菱重工広島の監督を務めた町田公二郎氏(51)が同大の母体・金井学園の野球部総合コーチに就任。町田氏からは「地面をかむように下半身を動かす」と助言を受けた。経験豊富な元プロのプッシュもあり先発で起用されている。長峯は「これまで何回も使ってもらって監督を裏切ってきたが今日こそはと思った。恩返ししたいと思った」と話した。

 これで5大会連続で初戦突破したが、いずれも2回戦敗退を喫している。長峯は「チーム全員で日本一を狙っています」。グランドスラムの勢いに乗って“6度目の正直”でまずは8強入りを目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請