9秒台突入の山県亮太、アジア新記録を視界に 「追いつけるように頑張りたい」

山県亮太
山県亮太

 陸上の布勢スプリント(6日)男子100メートルで9秒95の日本新記録を樹立した山県亮太(セイコー)が7日、鳥取空港で一夜明けた心境を明かした。

 日本初の9秒台をマークした桐生祥秀(日本生命)からも「盛り上げますね」とLINEが届いたという。「『桐生が決勝棄権したから、代わりに盛り上げておいたよ』と返事しました。色々あったんで、感慨深いですね」。体の状態については「すぐケアしてもらったので、どこかが張って気になるとかはないけど、全体的な倦怠感はある。次良くするには、もっとああしよう、こうしようと見えてきたので、(日本選手権まで)残り2週間でもっとよくできるように頑張りたい」と前を向いた。

 日本最速の称号を手にし、次の照準は蘇炳添(中国)とオグノデ(カタール)が持つ9秒91のアジア記録更新になる。「そこに追いつけるように頑張りたい」と狙いを定めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請