阿部寛主演「ドラゴン桜」第7話視聴率14・4% 前回から0・4ポイント増で高水準キープ

阿部寛
阿部寛

 6日放送された俳優・阿部寛主演のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜・午後9時)第7話の世帯平均視聴率が14・4%だったことが7日分かった。

 初回14・8%の高視聴率で発進。第2話は13・9%。第3話は12・6%。第4話は14・3%。第5話は13・8%。第6話は14・0%と推移。今回は0・4ポイント増で高水準をキープしている。

 2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶりとなる続編。阿部寛が演じる元暴走族の弁護士・桜木建二が、倒産寸前のダメ私立高校から現役東大合格者輩出させようと体を張って挑む姿を描いた。今回は前作から15年後を描き、教え子だった水野直美(長澤まさみ)が弁護士資格を取り、桜木のサポート役に回る。

 東大合格を目指す“東大専科”の生徒としてKing&Princeの高橋海人、南沙良、加藤清史郎、平手友梨奈らが出演する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請