100メートル日本新の山県亮太に聞く…風がなくてもこれくらいのタイムで走らないといけない

笑顔で歓声に応える山県亮太(代表撮影)
笑顔で歓声に応える山県亮太(代表撮影)

◆陸上 布勢スプリント(6日、鳥取市・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)

 男子100メートル決勝で、2016年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの山県亮太(28)=セイコー=が9秒95(追い風2・0メートル)の日本新記録で優勝した。サニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=が19年に出した従来記録を0秒02縮めた。9秒台突入はサニブラウン、ともに自己記録9秒98の桐生祥秀(25)=日本生命=、小池祐貴(26)=住友電工=に続き日本勢4人目。東京五輪参加標準(10秒05)も突破し、日本選手権(24日開幕・大阪)で3大会連続の五輪切符に挑む。

 ―日本新。率直な感想は。

 「予選はスタートで失敗したので、修正をかけられればと思った。(速報値の)9秒97でもうれしいけど、まさか日本記録、95が公認で出たというのは思わなくて、2倍うれしかった」

 ―19年は肺気胸、20年は右膝違和感に苦しんだ。

 「ここ2年は思うようにいかない日々が続いていた。もっといい走りができると信じてやってきたことが自己記録という形で実を結んで良かった」

 ―今年2月から高野コーチとタッグを組んだ。

 「課題を理解してメニューを出してくれて僕の言葉を理解してアドバイスをくれるので助かってます」

 ―世界で戦う上で、9秒台は第一歩になった。

 「世界の準決勝は、風がなくてもこれくらいのタイムで走らないといけない。もう1歩、前進しないといけないと感じている」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請