【ソフトバンク】9試合ぶりに先制 栗原、甲斐の適時打で初回3得点

1回1死二塁、栗原陵矢が先制の左前適時打を放つ
1回1死二塁、栗原陵矢が先制の左前適時打を放つ

◆日本生命セ・パ交流戦 阪神―ソフトバンク(6日・甲子園)

 ソフトバンクが9試合ぶりに先取点を奪った。初回1死二塁で栗原が左前へ先制打。2死満塁からは、甲斐が三遊間を鋭く破る2点打を放った。

 栗原は「打ったのはフォーク。(2―2と)追い込まれたが、何とか食らいついて打つことができた。先制のチャンスで1本打つことができ、チームを勢いづけることができたと思う」と喜んだ。5月27日の中日戦(バンテリンD)以来の先制点で先発・和田を援護した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請