寺田明日香、序盤のミスで日本新届かず「運動会のお父さん状態です」

寺田明日香
寺田明日香

◇陸上 布勢スプリント(6日、鳥取市・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)

 女子100メートル障害決勝で、日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)は12秒89(追い風1・8メートル)で2位だった。3台目でお尻付近をハードルにぶつけるミスが出て、伸びを欠いた。東京五輪参加標準の12秒84に届かず「上手にいけば、絶対(標準まで)いっていました。動いている感じに脚がついていかなくて、運動会のお父さん状態です」と苦笑いした。

 同走した青木益未(七十七銀行)が、寺田の日本記録にならぶ12秒87をマーク。五輪選考の日本選手権(24日開幕、大阪)でも、最大3枠の五輪切符を巡る激戦が繰り広げられそうだ。「(日本タイ記録の)青木はあっぱれ。陸上女子短距離として、みんなで切磋琢磨(せっさたくま)していきながら頑張りたい」と前を向いていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請