【中日】3回途中降板の梅津晃大に与田剛監督「一言で言えばフォームのバランス」

スポーツ報知
3回無死一塁から四球を与え、降板した梅津(左)

◆日本生命セ・パ交流戦 中日―オリックス(5日・バンテリンD)

 中日・与田剛監督が3回途中で降板した先発・梅津晃大投手について言及した。

 結果的にはオリックス打線を無安打に抑えたが、5四死球と大荒れだった右腕に指揮官は「札幌でもそういう傾向があったんですけど、これからしっかり本人と話したい。一言で言えばフォームのバランスというところ。どこの意識がどうなっているかというのは、また本人と確認する」と説明するにとどめた。

 梅津は球団のリリースを通して「何もありません…」とコメントした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×