馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 札幌

父子を知る(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は先週に続き、中京競馬場からの更新です。現2歳世代の“開幕戦”もしっかりと現地で見届け、取材してきました。ということで、今日も小忙しい中、パッチパチといきますか♪

 さて、今さらながらなんですが、色々な方が開設しているYOU TUBEの動画チャンネルって面白いですね。地上波ではなく、YOU TUBEだからこそやれる企画、話せる話というのにどっぷりとハマっています。面白いチャンネルをたまたま見つけては、過去動画をさかのぼりつつ、楽しんでいる。とはいえ、正直、ユーチューバーみたいな方のチャンネルはそんな見てなくて、やっぱり、今までに知っている芸能人、タレントやスポーツ選手が昔話や裏話を語っているチャンネルが好きなんですよね。

 この1週間は古館伊知郎さんのチャンネルの動画を見まくっています。正直、古館さんのことをメッチャ好きなんてこともないんですが、この方、報道ステーションの司会をするまではプロレス、F1の実況で名前を売ってきた人。ワタクシにとってはストライクなんですよね。で、やっぱり、しゃべりもうまい。ハマっています。コラボ企画のお相手のチャンネルにも寄り道しちゃったりするから、なかなか過去動画のさかのぼりが進まないんですが、昔のことを思い出しつつ、新事実に驚いたりしながら、楽しんでいる日々です。

 ということで、今日も早朝から動画を一本見たところで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心にお伝えしましょう。

 中京5Rの新馬は、こちらに回ってきましたね、高野厩舎の【スタニングローズ(牝、父キングカメハメハ、母ローザブランカ)】です。高野調教師は2歳馬に関するジャッジでは慎重なイメージが強いんですが、この馬に関してはゲート試験で入っていた時から、評価が高値安定だった気がします。最初に「キンカメ産駒のいい部分が出ていると思います」と聞きましたし、今週も「走りのバランスがいいし、(気性も)従順。いい勝負ができると思います」と力強かった。確かに坂路での走りを見ても、軸がぶれないですよね。初戦から好戦必至じゃないでしょうか。

 ここには新種牡馬の産駒、【レッドバロッサ(牡、父ドレフォン、母モスカートローザ)】も登場します。「調教の動きはいいですし、能力はありそうです」とは生野助手。ただ、色々な厩舎で話を聞くと、ドレフォンはダートの短距離じゃないかという話が多いんですよね。まずは、この馬がこの条件で、どんな走りをするのか。もちろん、この馬も含めた同産駒の適性を探る意味でも、注目したい一戦です。

 音無厩舎は昨日も触れたように、来週の中京芝1200メートルにも【インプロバイザー(牡、父ダイワメジャー、母リトルゲルダ)】を送り出すんですが、このレースで注目したいのが武幸厩舎の【メリトクラシー(牝、父シルバーステート、母メリオーラ)】。新種牡馬シルバーステートの産駒に、その主戦であった福永Jが騎乗します。「いいよ。スピードがある。1200メートルが合いそうだし、初戦から動けそうな感じ」と今週の調教に騎乗した鞍上のジャッジも上々です。福永J、未完の大器と言われたお父さんに対する思い入れが、かなり深いようなんですよね。「いきなり、こういう依頼をもらえたのはうれしい」と笑みを浮かべていました。

 続いては週末に詳しく触れますと書いていた馬たちに関する情報です。まずは昨日書いた友道厩舎のフィデルと同じレースでのデビューを予定している、大久保厩舎の【ダノンピーカブー(牡、父Kittens Joy、母ジョイフルビクトリー)】ですね。「まだ芯が入ってなくて、もっと良くなりそうですけど、この時期ですからね。スピードを感じるし、良さそうですよ」と大久保調教師は手応えを感じているようです。お母さんが米G1馬という血統背景もしっかりしていますし、昨年のセレクト1歳セールで1億500万円という値段もついてますからね。

 池添学厩舎では姉にルージュバックを持ち、来週の中京芝マイルでデビュー予定の【プレミアムスマイル(牝、父ロードカナロア、母ジンジャーパンチ)】について。こちらは今週の追い切り後、池添学調教師に取材。「2歳馬らしい幼さはありますが、反応はさすがというモノがありました。先週はもたついていましたが、今週の動きなら」とホッとした様子で振り返っていましたね。

 あとは松永幹厩舎。まずは訂正です。週中に札幌2週目の芝1200メートルと書いた【スマイルバック(牝、父リオンディーズ、母クロフォード)】は札幌1週目の芝1200メートル、札幌3週目の芝1200メートルと書いた【グランアプロウソ(牡、父Gun Runner、母フィドゥーシア)】は札幌2週目の芝1200メートルで、日程が1週ずれていました。申し訳ありません。そのグランアプロウソは近親に短距離王ビリーヴを持つ血統馬ですね。「徐々に走れるようになってきましたね。まだ緩さはありますが、やれば動けそうです」と松永幹調教師は上昇度に手応えを感じているようでしたね。

 最後に目の前で見た中京5Rから。勝った【クラウンドマジック(牡、父エピファネイア)】については当社HPをご覧いただくとして、2着は1番人気の【ラクスバラディー(牝、父ドゥラメンテ)】。好位からの正攻法で横綱相撲に見えたんですけどね。「いい馬ですね。外枠ということもありましたが、能力は十分にあると思います。ただ、思った以上に勝ち馬に切れる脚を使われました。負けてしまったのは申し訳ないですが、いい馬だと思います」と松山J。今日のところは勝ち馬の強さに脱帽しつつも、愛馬の素質もしっかりと感じ取っているようでした。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中京11R・8フライライクバード(友道調教師から「このクラスにいる馬じゃない」と珍しく、かなり強気な言葉。前走から距離を詰め、相手もくみしやすくなった今回は負けられない)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

中京6R・7ゼンノミチザネ(前走も狙ったがもう一度。流れ次第だが、末脚は上位)

東京4R・4レイトンヒル(ここは思い切った先行策か。元々、力はある馬。少し渋化が残ればさらに)

東京10R・6シホノレジーナ(3走前は強かった。リフレッシュ効果と初ブリンカーに期待)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請