【DeNA】佐野恵太が3番では初の初回打点 交流戦首位浮上へ貴重な先取点

スポーツ報知
佐野恵太

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―ロッテ(5日・横浜スタジアム)

 ここまで5勝3敗2分けで交流戦2位タイのDeNAが、初回にロッテから先取点を奪った。

 1回表を先発・浜口が3者凡退で抑えると、1回裏に先頭の桑原が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。伊藤光がバントで送って1死三塁の好機を作ると、佐野が左翼手の前に落ちる適時二塁打を放って先取点をつかんだ。5月18日の中日戦(横浜)から打順を4番から3番に変え、15試合目にして初回にタイムリーを放ったのは初めてだった。

 この日の結果次第では、交流戦首位タイに浮上する可能性もある一戦。一気に試合の主導権を握りたいDeNAだったが、2回に浜口が3四死球で無死満塁のピンチを背負うと、1死から前夜に2本塁打を放った佐藤都に左犠飛を許して同点に追いつかれた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請