TDK鈴木大貴「投手陣一丸で戦う」・・・社会人野球日本選手権東北最終予選

ブルペンで投球練習するTDK・鈴木大貴
ブルペンで投球練習するTDK・鈴木大貴

 4日に予定されていた社会人野球日本選手権東北最終予選(石巻市民ほか)は、雨天のため5日に順延された。昨年の都市対抗野球に続く全国大会出場を目指すTDK(秋田)は、プロ注目右腕・鈴木大貴投手(23)=流通経大=が全国舞台で再び力投をみせるため予選を勝ち抜くと決意。駒が豊富な投手陣の中心的役割を担うと誓った。また順延と合わせて1回戦の会場と開始時間も変更された。

 多くを学んだ全国のマウンドで投げるため、必ず勝つ。雨天順延で仕切り直しとなった最終予選の初戦に向けて、鈴木は「トーナメントは一発勝負。投手陣一丸となって戦うことが必要だし、そのなかで任された試合をしっかり勝つこと、なるべく長いイニングを投げることを意識していきたい」と意気込みを語った。2015年以来6年ぶりとなる日本選手権出場へ力投する。

 福島東高、流通経大と全国大会とは無縁だったが、TDK1年目の昨年は7年ぶりの都市対抗出場に貢献。本大会も1回戦・日本新薬(京都市)戦で先発した。チームは1―2惜敗も、6回2失点で自己最速154キロを計測した。「全国でもある程度投げられるとわかった。プロを目標としているので、(全国で)自分をしっかり出せていければ」と話した鈴木だが、直球を打たれて2ランを浴びたことに「いざというときはストレートとスライダーしかなかった。変化球の必要性を感じた」。持ち球のなかから、チェンジアップの精度向上に取り組んだ。自身の体の回転に合うように腕の振りを変えるなど修正し、「カウント(を取るとき)でも決め球でも使えるようになった」と自信をつけた。

 投手陣は鈴木、最速153キロ右腕の小木田敦也(22)=角館高=、ルーキーながら今季公式戦で先発経験のある大関竜登(22)=白鴎大=、都市対抗で登板した佐藤開陸(かいり、20)=能代松陽高=ら、層が厚い。佐藤康典監督も「順調にきている」と手応え十分だ。鈴木は「これまで大事な試合を任せてもらっている。勝つことで先発の責任を全うしたい」と気合。全国舞台で再びアピールするためにも、まずは1枠しかない選手権切符を全力でつかみにいく。(有吉 広紀)

 ◆鈴木 大貴(すずき・ひろき)1997年8月27日、福島県生まれ。23歳。清水中では福島のだまクラブでプレー。福島東では2年秋に県8強、3年夏は福島大会4回戦敗退。流通経大を経て2020年にTDK入社。182センチ、84キロ。右投右打。血液型AB。

 〇…1年目の斎田海斗外野手(22)=東日本国際大=が、初の予選へ決意十分だ。広角に打ち分ける巧打が持ち味で、今季はオープン戦も含めて全試合に出場しているという。「ずっと使ってもらって、いい経験をさせてもらっている。期待されている部分もあると思う」と、指揮官の起用に大事な予選での結果で応えるつもりだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請