【日本ハム】立野和明ストパーで真っすぐ磨きプロ初登板初先発・・・5日巨人戦

スポーツ報知
5日の巨人戦でプロ初登板初先発する日本ハム・立野和明

 日本ハムにドラフト2位で入団した2年目右腕・立野和明投手(23)が5日の巨人戦(東京D)でプロ初登板初先発する。4日に1軍に合流。「やってやるぞ」と意気込んだ。東京Dは2019年都市対抗決勝で、トヨタ自動車の補強選手として登板して以来。「いいイメージないですね」と苦笑いするが「気持ちの面で負けないように(試合に)入って行ければ」と力を込めた。

 チーム内に新型コロナウイルスの陽性者が出た5月初旬に1軍に合流したが、出場登録されないまま2軍へ戻った。「チーム状況もある。また1軍で投げることがあれば、そこでは頑張ろうと切り替えができていた」。2軍では直球のコーナーへの投げ分けを磨き、8試合で防御率3・11と安定感。バーヘイゲンが3日に抹消され生まれた先発ローテの谷間に、白羽の矢が立った。

 伸び悩んでいた3月。「ストレートに磨きをかけようと思って、ストレートパーマをかけた」という、髪が今のチャームポイントだ。「満を持して、いいピッチングを期待している」と栗山英樹監督(60)。さらさらヘアをなびかせ、真っ向勝負で巨人打線に挑む。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請