蓮舫氏、丸川五輪相の開催前向き発言に疑問「感染症はスポーツの持つ力で無くなりません」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員が4日、自身のツイッターを更新。開催まで50日を切った東京五輪に向けての丸川珠代五輪担当相の発言に疑問を呈した。

 丸川氏がこの日の閣議後の記者会見で政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が五輪について「こういう状況で何のためにやるのか」と懸念を示したことについて聞かれ、「(感染対策の)一つ一つの積み重ねが、本格的に社会を動かしていくときの知見になると確信している。どのように社会を動かしていけるかをシェアできたら安心安全につながり、次のステップへ進んでいけたらという思い」と述べ、開催の意義を強調したという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「『われわれはスポーツの持つ力を信じて今までやってきた』私もスポーツの持つ力、アスリートの姿に感動します」と丸山氏の言葉を引用しすると、「が、感染症はスポーツの持つ力で無くなりません。全く別次元の話で誤魔化しています」と厳しく続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請