和歌山北、初回から躍動やるぞ決勝T…第13回関西さわやか大会 和歌山県支部トーナメント

決勝トーナメント進出を決めた和歌山北ナイン
決勝トーナメント進出を決めた和歌山北ナイン

◆第13回関西さわやか大会 和歌山県支部トーナメント ◇中学1年生の部 ▽代表決定戦 和歌山北ボーイズ5-1和歌山有田ボーイズ(5月29日・五色台球場)

 「第13回関西さわやか大会」の和歌山県支部トーナメント(T)は29日、支部代表決定戦2試合と1回戦1試合が行われた。和歌山北ボーイズは、打線がしっかり機能し快勝。和歌山南紀ボーイズはエース札辻が完封勝ちし、それぞれ決勝T進出を決めた。初戦をコールド勝ちした和歌山御坊ボーイズは、残り1枠をかけて、13日に紀州ボーイズと戦う。

 和歌山北ナインが、初回から躍動した。先頭の川北が「1番打者の役割を果たそうと思った」と中前打で出塁。その後2死三塁から、4番・谷口がきっちり中前打を放ち、幸先良く1点を先制した。

 2回も打線がつながった。川北の左前打などで1死満塁の好機をつくると、丸山が右前適時打。谷口も左前タイムリーで続いた。その主砲は5回にも、この試合3安打目となる二塁打を放ち「捕手としてリードはあまり良くなかったが、その分バットで取り返せた」と胸を張った。

 打線の援護もあり、先発・川井は悠々と完投勝利。初戦での反省を生かし、投球モーションを工夫し1失点で切り抜けた。「決勝トーナメントでも、今日みたいな投球ができれば」と左腕は手ごたえをつかんだ様子だった。

 初戦の1―0での完封勝ちに続き、この日も理想的な試合運びで32強入り。5回に右中間へ適時二塁打を放った池田も「本戦で強いチームとやるのが楽しみ」ときっぱり。その視線の先には、関西ブロック1年生の頂点がしっかりと見えているに違いない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請