馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 札幌

色々な場所で始まります(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は今や金曜恒例になりつつある、自宅で在宅でのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。長崎県の雲仙・普賢岳の噴火、火砕流被害から30年が経ったというニュースを目にしました。このニュース、本当によく覚えています。当時は実家の大分と同じ九州、近くの県ということがありましたし、灰色の煙に覆われた街の光景や、おどろおどろしく赤く染まった山の様子など、テレビ画面越しに怖さが伝わってきて、何か遠い世界のように感じていました。当時はかなり噴火を恐れてましたもんね。

 その5年後に阪神大震災が起きてからは、大きな規模のものが頻繁に起きることもあり、天災といえば地震というイメージがついてますが、子供の頃は火山=噴火の方が怖かったりしましたね。ともに突然で、止めようがないってことが恐怖を強めているというか。とにかく、天災は忘れた頃にやってくるということを肝に銘じつつ、日々の生活を過ごしていきたいモノです。

 ということで、そろそろ本題へ。いよいよ、今週から2歳戦がスタートします。やはり、年始というか、新年度という感覚が高まりますよね。

 明日の東京芝マイルでは何と言っても注目のコンドコマンドが出走しますが、栗東からの刺客たちも雰囲気は悪くない。特に春先から「早い時期向き」と聞いていた【コンクパール(牝、父American Pharoah、母A Z Warrior)】には注目しています。栗東での動きを見た中竹調教師は「芝向きの走りだと思うし、動きもいいからね」と話していましたし、その言葉通り、今週の坂路ではなかなかの走り。仕上がりのよさで、大本命馬にどこまで対抗できるかでしょう。

 さて、関西圏は中京での開幕です。中京5Rは何と言っても、バウンスシャッセなどの半妹になる【ラクスバラディー(牝、父ドゥラメンテ、母リッチダンサー)】が注目です。「この時期の牝馬にしては完成度が高い」と清水久調教師は入厩当初から話していましたし、調教に乗った松山Jも手応えを感じているとのこと。ただ、このレースは他にも動いている馬が結構いる。特に本田厩舎で、ヴァンドギャルドの妹になる【セリフォーノス(牝、父ダイワメジャー、母スキア)】はいい動きに見えたなぁ。

 ということで、ここからPOG情報。まずは先日のの更新分で週末に、と書いた友道厩舎のお話から。今週の栗東入厩予定はすでにお知らせしましたが、実は本日、もう一頭入ってきているはずです。それが、すでにゲート試験に合格している【フィデル(牡、父ハーツクライ、母ラッキートゥビーミー)】です。7月4日の小倉芝1800メートル、川田Jでデビュー予定。こちらはほぼ1か月前、青写真通りの入厩といったところでしょうか。そして、北海道の方にも入ってきます。こちらも大物候補の2頭。セレクト4億7000万円の【リアド(牡、父ディープインパクト、母タイタンクイーン)】と、G1馬の母を持つ【グラヴィタス(牝、父キングカメハメハ、母ヴィルシーナ)】です。ともにゲート試験のみだと思いますが、まずは第一歩というところだと思います。

 続いては松下厩舎。兄姉にサトノレイナス、サトノフラッグを持つ【ヴァラダムドラー(牝、父ジャスタウェイ、母バラダセール)】は7月17日、牝馬限定の小倉芝1800メートルでデビューすることになりました。「距離があってもいいような感じを受けましたから」と松下調教師は説明。まずは、この距離から適性を探る考えです。

 続いては音無厩舎。まずはアリストテレスの半弟で、先週のゲート試験に合格している【ソクラテス(牡、父ドゥラメンテ、母ブルーダイアモンド)】ですが、週末にも放牧へ出されるとのこと。この馬、評価高いですね。「乗っていた風馬(松若)は『走りますよ』と言っていましたね。アリストの弟という感じが伝わる馬です」と生野助手は話していました。

 実は今週、軽く時計を出したんですが、そこで併せていたのが【ダノンファーナイン(牡、父ディープインパクト、母タミーザトルピード)】。この馬に生野助手は乗っていたんですね。「この馬、いいですよ。走りそう」と第一声。「まだ緩いのは緩いんですが、すごく体が柔らかくて、背中を使えて走っています。(追い切りなどで)動かして、良さが出るタイプですね」とまだ目立った時計を出しているわけではないんですが、トーンが高い。まだ、6月27日のデビューまで時間がありますが、楽しみになってきました。

 あと、来週の中京芝1200メートルを松若Jで予定している【インプロバイザー(牡、父ダイワメジャー、母リトルゲルダ)】も悪くありません。この馬、ゲートに結構、手間取ったんですが、「思っていたより、追い切りで動けています。走りが良くなってきました。短距離がいいでしょうね」と生野助手は母、兄(グレイングリーン)同様、スピードに魅力を感じているようでした。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京8R・6ディオスバリエンテ(初の古馬相手とはいえ、ここはいかにも相手に恵まれた。素質馬相手に完勝だったデビュー戦と同距離で順当V)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

中京4R・2ルージュイデアル(馬場の回復がカギだが、2戦目で気配は良化。もっと走れていい)

中京9R・3メイショウテンモン(このメンバーなら先行利を最大限に生かせる。休養前は強敵相手に何度も戦っている)

中京11R・4ペルシアンナイト(今、出来がいい。脚をためられる枠で、昨年の札幌記念を再現)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請