市井紗耶香、小中学生のワクチン集団接種「慎重に考えて」「親も子も板挟み」

市井紗耶香のインスタグラム(@sayakaichii)より
市井紗耶香のインスタグラム(@sayakaichii)より

 元「モーニング娘。」でタレントの市井紗耶香が4日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスワクチンの小中学生への集団接種に「慎重に考えて」と思いをつづった。

 4児の母である市井は「色々な意見があって良いと思う。あることが自然だと思う。なぜなら私たちは個々それぞれ違うから。違うことは素晴らしいことだから。けれど昨日目に留まった記事が心をざわつかせていて」と書き出し、岡山県総社市の片岡聡一市長が3日、早ければ7月にも市内の小中学生約2700人に対し、新型コロナウイルスの集団接種を行う方針を表明したと報じたニュースを紹介。

 「もちろん任意ではあるけれど集団は半ば半強制のようなもので 親も子もこうした状況にどう対応したら良いのか板挟みされているんじゃないかと感じる」と複雑な心境を吐露し「接種するしないは選択できる柔軟さはあっても 個人で接種するのか 集団で接種するのかではまた大きく違いが出るのではと私は思う」とつづった。

 「アレルギーを持っている子もいるだろう。接種するしないで学校内ではどのような会話が子どもたちでされるのか。そもそも子どもを差し置いて子どもの話は出来ない」と市井。

 「副作用も正直まだ分からないなかで板挟みされている私たち親の判断で子どもの接種を決めてよいのか」と疑問を呈し、「まだ間に合うんじゃないかな。未来ある子どもたちのために行政ももう少し保護者に歩み寄りを。慎重に考えてほしい」と訴えていた。

市井紗耶香のインスタグラム(@sayakaichii)より
市井紗耶香
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請