義足レスラーとして再デビューの谷津嘉章が八輪(やつりん)コスチューム披露…金曜8時のプロレスコラム

スポーツ報知
義足レスラーデビューに向けて「八輪」コスチュームで「おりゃ」ポーズを決める谷津嘉章

 6日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催されるDDTプロレスリング、プロレスリング・ノアなどが参加するプロレスの祭典「CyberFight Festival 2021」で義足レスラーとして再デビューする谷津嘉章(64)が、日本初のプロレス用義足YS(ヤツ・スペシャル、川村義肢)と五輪ならぬ八輪(やつりん)マークが入ったコスチュームを身に着けた戦闘スタイルを披露した。

 谷津は持病の糖尿病悪化から19年6月に右足を膝下7センチを残して切断した。リハビリを積んで、今年3月28日には“幻のモスクワ五輪レスリング日本代表”として東京五輪の聖火ランナーを務め、栃木・足利市内を義足で完走した。

 1980年のモスクワ五輪代表に選ばれながら、日本がボイコット。76年のモントリオール五輪で8位に入っていただけに、金メダルへの期待は大きかった。新日本プロレスに入団し日本デビューしたのが81年6月24日(旧蔵前国技館)。ジャンボ鶴田(ミュンヘン五輪代表)と五輪コンビを結成し、初代世界タッグ王者になったのも88年の6月だった。五輪マークは簡単に使えなくなったが、谷津(やつ)をもじった八輪マークは、オンリーワンの輝きだ。

 2年ぶりリング復帰となる6日の試合は、スターティング・バトルの「時間差入場バトルロイヤル」。谷津のほか、DDTのアントーニオ本多、大鷲透、火野裕士、赤井沙希、まなせゆうなら女子を含む10選手が出場。これにノアの選手が加わる。

 5月26日には都内のDDT御茶ノ水道場で中村圭吾をパートナーにスパーリングを公開した。ロープワークからショルダータックル、ブルドッキングヘッドロック、フロントスープレックス、パワースラム、裏投げなどを次々と披露。ブレーンバスターで投げられ、受け身を取った。必殺技の監獄固めを決めると、中村はたまらずギブアップ。

 課題は倒れた後という。「体幹でどうやって早く立てるか。ロープをつかまずに立てるかということ」と説明した。義足によるストンピングという荒技もある。「みんなは鍛えてるから一発くらいもらったっていいんじゃないかと。今のところは無法なんで、禁じ手に近いのをやっておこうかと。俺は燃えてますよ。武者震いというか、ブルッときますね」40年前のゴールデンルーキー時代の目の輝きを見せた。(酒井 隆之)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請